2018年入社
西日本支社
鉄道サービス部
サービス一課
久留米工業高等専門学校
制御情報工学科 出身
中垣 佑一朗

入社の経緯について

就職先を決めるにあたり「地元を出てみたい」「メンテナンス系の仕事をしたい」という思いがありました。そこで全国区で拠点を持ち、保守業務を主体としている当社に目が留まりました。最初はインフラ関係や医療機器と聞いて仕事の重大さに尻込みしましたが、「せっかく働くなら公共性や影響力のあることをしたい!」と考え志望しました。

どんな業務を行っていますか

鉄道運行に欠かせないCTC装置・ATC装置・連動装置などの保守・点検業務を行っています。保守は、障害が起きたときに一早く運行ダイヤや装置の状態が正常になるように経験や知識を基に早期復旧作業を行います。点検作業は、各装置に異常がないか故障の予兆がないかをデータや機能試験により確認を行います。と言うと難しく聞こえますが、経験豊富な先輩方もおり、また、作業は列車が運行していないときに行いますので、焦らず正確に作業するように努めています。

仕事に対するやりがいを感じるところは何ですか

障害や問題が発生した際に、自分の意見が基になり解決に向かったときは達成感があります。ちょっとした意見からでも、他のメンバーと話し合うことで解決につながることもあり、協働感を得られます。そういった経験から、「挑戦してみる」ことを大事にしています。学生時代の私は必要なことだけをやっていましたが、今では規模の大きい検査に参加したり、難関と言われる資格を受験したりと、積極的に挑戦しています。

オフ・休日の過ごし方について

同期に誘われてハマったゲームをするためにゲームセンターに通い詰めです。熱心にやり続けた結果、夜間作業明けの職場で「今日も行くの?」「もちろんです!」のやりとりが日常化しています。夜勤がある仕事なので、人の多い場所でも日中の人が少ない時間帯に活動できるのがメリットです。他にも、実家を離れて暮らしていることを活かして、地元の友達を呼んで京都を観光するのも楽しみの1つです。

これからの夢、目標について教えてください

入社当初は鉄道分野志望ではなく、まったく未知の世界に飛び込んだ感じでした。それでも仕事として続けていく内に、自分の得意な電気分野(論理演算・電気回路)を活かせる場面が多々あり、段々と興味を持てるようになっています。人間性と技術力を認めていただける環境ですので、経験を積んで技術や知識を磨いて、お客様や同僚に一目置かれるようなカスタマーエンジニアになりたいです。

他の先輩インタビューを見る

ENTRY

採用への応募はこちら
一番上へ