教育・研修制度

日信電子サービスは、人材育成に注力すると共に、従業員にとってより働き甲斐のある会社を目指し、人材こそが財産であるとの観点から、技術力・人間力向上のための教育に注力しております。
そして教育を効果的に実施するため、専用の研修施設を自社ビル(NES埼玉ビル)内に保有しております。
教育体系

長年の教育ノウハウにより当社独自の教育体系が確立されています。また、定期的に教育内容の見直しを行っております。
教育の種類としては、保守サービス業務の品質向上に不可欠な知識・技術を身につける技術教育、人間力を高めるための階層別・課題別研修、自己啓発支援等があります。

新入社員研修

これから社会人となるにあたり、自分は社会人へスムーズに移行できるのか不安なことも多いかと思います。
その不安を少しでも和らげるため、入社時から約1か月間、新入社員受入研修を行っております。
研修内容は、会社概要、各部署の紹介、ビジネスマナー研修、若手先輩社員との交流、基礎技術研修の他、公立研修施設を利用した野外研修、自動車学校での安全運転研修等があります。この研修を通じて、社会人として、また当社の社員として必要な基礎知識を身につけることができ、さらには、同期入社の仲間との絆を深められることは、新入社員の皆さんにとって財産となることでしょう。
その後も社会人としての成長を支援するうえで、入社後3年間の研修は、特に重要と考えます。そこで、入社2年目、3年目にそれぞれフォロー研修を行い、これまでの振り返りと共に、スキルアップのための助言をしております。
また、これら集合研修以外にも、様々な学習機会を設けております。

階層別研修

年齢・役職等が近い社員を対象に研修を行い、スキルアップを図ります。
現在は、入社5年前後、7年前後、管理職昇格時の研修等を行っています。
講師は、社内の適切な部署から、または、社外から専門の方を招いています。

課題別研修

階層別研修の他に、社員に必要と考えるテーマを選定し、研修を行っています。

分野別技術研修

事業分野ごとに、必要な知識の習得、技術力の向上、資格取得などを目的に行います。
講師は、主に、それぞれの事業分野に精通した社員が行っています。

資格取得支援

当社では技術資格をはじめ各種資格取得を奨励しています。
取得のための研修や対策を行い、取得した社員には祝金を支給しています。

自己啓発支援

当社は、上記の通り体系的に教育を行っておりますが、学習の中核は自己啓発と考えています。
その支援として通信教育制度を設け、受講費用の補助を行っています。