沿革

 
1967年 5月 東京都目黒区に株式会社光音を設立、電気・電子機器の修理業務を開始
(昭和42年)
1968年 3月 日本信号株式会社の資本参加を受け、日信電子サービス株式会社に商号変更
4月 本社を東京都港区三田5-9-6に移転
8月 OA機器の保守サービス業務開始
1969年 10月 駅務機器の保守サービス業務開始
12月 駐車場機器の保守サービス業務開始
1972年 3月 交通信号機器の保守サービス業務開始
4月 本社を東京都品川区東五反田1-14-11に移転
1979年 4月 本社を東京都千代田区内神田1-18-14に移転
5月 建設大臣許可「一般建設業電気工事業」取得
1982年 4月 鉄道信号の保守サービス業務開始
1985年 2月 本社を東京都千代田区内神田1-16-8に移転
1990年 5月 札幌日信電子株式会社より電算機関連保守サービス業務譲受
(平成2年)
6月 医療機器の保守サービス業務開始
1996年 3月 本社を東京都千代田区岩本町3-1-2に移転
1998年 10月 建設大臣許可「一般建設業電気通信工事業」取得
12月 日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録
2000年 7月 本社を東京都台東区浅草橋5-20-8に移転
2001年 3月 東京証券取引所市場第二部に上場
2004年 2月 ISO9001(品質マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)審査登録
5月 仙台日信電子株式会社を子会社化
2009年 9月 国土交通大臣許可「特定建設業電気工事業」取得
10月 アイポスネット株式会社を子会社化
2010年 4月 アイポスネット株式会社を吸収合併
2011年 12月 国土交通大臣許可「一般建設業機械器具設置工事業」取得
2012年 4月 簡易新設分割により日信ITフィールドサービス株式会社を設立し、OA事業を承継
11月 本社を東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリーイーストタワーに移転
2014年 3月 日本信号株式会社との株式交換により同社の完全子会社となる(上場廃止)
2015年 6月 三重日信電子株式会社を子会社化